クリームファンデーションキット

ストロベリーシードエキス

セラミド

マトリキシルモイストクリームキット

スキンリペアクリームキット


Sysoapのエッセンシャルオイル

 
 
   植物オイル > コンフリーオイル オーガニック
 
 
 
前の商品 コンフリーオイル オーガニック 次の商品
 
 
コンフリーオイル オーガニック

拡大 ( Size : 26 kb )
 
商品コード : CO1034A
製造元 : JE INTERNATIONAL
原産地 : フランス
価格 : 1,200(税込 1,296円)
ポイント : 12
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
容量

選択
25ml
50ml
100ml
 
 
 
【手作りコスメ素材Sysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルは、エコサート認定オーガニックの最高級オイルです。
【手作りコスメSysoap☆】の植物オイルについて。

Comfrey Oil Organic

ムラサキ科のヒレハリソウ属の薬草コンフリーの根及び葉をオランダ産のオーガニック・サンフラワーオイルに漬け込んだ浸出油。このコンフリーオイルは、コンフリーに含まれる抗アレルギー・抗炎症成分のアラントインが高含有しているので深い緑色をしています。
ベースオイルのサンフラワーオイルは、スイートアーモンドオイルと同様の特性を持ち、肌への浸透性も高く、サラリとしたライトな使い心地で、のびが良く、マッサージオイルに積極的に使われます。

コンフリーには、コムソリジン・アラントイン・ロスマリン酸・パントテン酸・タンニン・ビタミン類・ニコチン酸・ミネラル類を豊富に含んでいます。特にビタミンB12の優れた供給源でもあります。
また、上記の含まれる成分によって損傷した細胞を再構築し、細胞増殖のポテンシャルもあるといわれます。特に欧州では、軽い創傷・ニキビ・湿疹によって引き起こされた皮膚損傷を修復・再生させるスピードを加速させてくれる有効なオイルだと言われ、広く活用されています。また、スポーツ選手の肉離れや靭帯損傷のケアなどにも使われています。

クリーム・リップ・ベビーオイル・美容オイル・スキンオイル・マッサージオイル・アトピー軟膏などに使えます。
          他のオイルに1〜100%で使えます。当ショップでは、ブレンド使用を推奨しています。

【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの詳細。

コンフリーは古来から、皮膚感染症・創傷治療などに民間療法としてで使用されて来たオイルです。

漢方医 David Hoffmann は、コンフリーの持つ治癒特性や組織結合の活性化のポテンシャルがアラントインが高含有量していることに起因していると著書 「The New Holistic Herbal」にし記しています。

また、「結合タンニン」を含有しているので、特定の抗炎症ポテンシャルを有しているとも示しています。

これら特性から、コンフリーオイルは皮膚の傷や発疹の強力な修復が期待できるエージェントといわれ、創傷が膿瘍や皮膚感染症になる前に、素早く組織を再生させてくれるといわれます。

【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルは傷の修復・あかぎれ・ひび割れ・しもやけ・かさつきに効果的です。

これらのポテンシャルは、傷の修復にとどまらず、老化による組織の切断や剥離によって引き起こされるシワやニキビや湿疹でできた損傷痕などの修復も期待できるオイルだと思います。そして、含有するアラントインの抗炎症・抗アレルギー・消炎などのポテンシャルからアトピーなどの肌トラブルはもちろん、手や足のかさつき・しもやけ・あかぎれ・ひび割れ・かゆみを伴う乾燥性の湿疹にも活用できると思います。またアロマテラピーでは、座骨神経痛や神経痛・ねんざ・打撲などのケアにも活用されています。

手作りコスメにおいては、クリーム・乳液・美容液・美容オイル・リップ・石鹸・ヘアオイル・ヘアパック・ベビーオイル・マッサージオイル・バスオイルなど広範囲に使える素材です。

【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルのデメリット。

1970年代のコンフリーの研究で肝臓ガンの発ガン性の可能性が示されました。それはコンフリーに含まれるピロリジジンアルカロイド(PAS)が原因といわれています。
その実験は、ラットの餌に33%のコンフリーを混ぜて毎日与えるというものでした。

一方日本では、コンフリーの浸軟酢を肝硬変の治療に活用されていたり、上記のようなコンフリーの様々なメリットもあります。

このようなことから、コンフリーの活用については世界的にも今なお論争が続いているのが実状です。
現在世界的な流れとしては、米国FDA及び、英国、カナダ、ドイツ、オーストラリアの5カ国が経口・内服を禁止しています。このことから、私共でもアロマテラピーとしての局部的な外用(マッサージオイルやスキンオイル)では問題がないと判断し、経口・内服は禁忌事項とさせていただいております。また、妊娠・授乳中のご使用も同様です。

実際研究データでは、

「コンフリーのお茶を3〜4杯(700-950ml)を140年間毎日飲み続けると発ガンの可能性がある」

と試算されています。

全ての物質・事象には、メリット・デメリットがあります。薬も使いすぎれば毒になります。そのようなことから、私共ではメリットを上手に利用し、デメリットだけにスポットを当てず、バランス良く判断・活用するというスタンスでおります。

どうしても気になる方は、無理にお使いになる必要はないと思います。
このあたりは、個人個人でご判断いただければと思います。
 

【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの素材データ。

・当ショップで知り得るデータを全て開示しております。
・天然の植物オイルは、100%天然ゆえに私達に都合の良い特性ばかりを
 有しているわけではありません。
 その特性を良く理解し、誤解のない使用法・保存法をお願いいたします。

【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの特性と保存法。
【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルのオーガニック認定。
【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの成分分析表。
【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの使用上の注意。
【手作りコスメSysoap☆】のコンフリーオイルオーガニック,ヒレハリソウのオイルの物理的・化学的分析データ。

ページトップへ