クリームファンデーションキット

ストロベリーシードエキス

セラミド

マトリキシルモイストクリームキット

スキンリペアクリームキット


Sysoapのエッセンシャルオイル

 
 
   エイジング > ラクトーセラミド
 
 
 
前の商品 ラクトーセラミド 次の商品
 
 
ラクトーセラミド

拡大 ( Size : 72 kb )
 
商品コード : YS1011A
製造元 : Pentapharm Ltd
原産地 : スイス
セール期間 : 2017年10月20日 〜 2017年10月25日
通常価格 : 972円
割引率 : 2% OFF
価格 : 882(税込 953円)
ポイント : 9
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
容量

選択
3ml
10ml
 
 
 
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミド,ラクトマイド,セラミド3,細胞間脂質,バリア機能修復,保湿成分。卸販売も行っております。

Lacto-Ceramide(LactomideR)

世界的医薬品メーカー「ペンタファーム社」が研究開発した、バイオテクノロジーによる発酵法で生成し、ミルク脂質でリポソーム化された植物由来のセラミドです。
人間の皮膚中に存在する天然のセラミドと同一の「N-アシル化スフィンゴイド」です。

セラミドは、水の分子をサンドイッチ状に挟み込んで蒸発しないように捕まえてくれます。セラミドに挟まれた水分は、湿度が0度になっても蒸発せず、氷点下20度になっても凍りつくことがないと言われています。
肌内部に水分をしっかり抱き込み、同時に肌の最も外側にある角質細胞同志をつなぎとめ、きめを整えみずみずしさを保つ働きがあります。
また、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐバリア機能の働きを強化するといわれています。
保湿性に優れていることから、肌を形成するコラーゲンやエラスチンを安定させ、肌の老化防止も期待でき、また、シミ・ソバカスの原因であるメラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の活性化の抑制も期待できます。
セラミドが不足するとバリア機能が低下し乾燥や肌荒れの原因となります。アトピーの方の皮膚には、セラミドが少ないとも言われています。

化粧水・乳液・美容液・ジェル・クリーム・保湿クリーム・アイコンセントレートなど幅広く使えます。

【手作りコスメ素材Sysoap☆】のセラミドは、肌内部に水分をしっかり抱き込み、同時に肌の最も外側にある角質細胞同志をつなぎとめ、きめを整えみずみずしさを保つ働きがあります。(トランス表皮水分喪失(TEWL)を抑制)また、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐバリア機能の働きを持っています。(角質層の再生成)その上、角質層の細胞間脂質の約半分を占める主要成分なんです。セラミドは年齢やストレスなどで減少していくのですが、アトピーや乾燥肌・老化肌の人は、セラミドが極端に少ないことも解っています。■セラミドが不足すると…保湿機能が低下するばかりか、バリア機能も低下してダメージを受けやすい状態になり、肌あれやシミ・シワなどの肌トラブルを招く原因にもなります。だから老化肌・乾燥肌・アトピーなどの方は、特にセラミドを補っていく必要があるのです。 そのほかに、セラミドはバリア機能と保湿性に優れていることから、肌を形成するコラーゲンやエラスチンを安定維持させ、肌の老化を防止します。また、シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素も抑制してくれます。一般的に皮膚の老化を防ぐには、コラーゲンを補うことが一番のように思われていますが、コラーゲンをたくさん補給しても、外からの外的刺激(ストレス・紫外線・ホコリなど)によってコラーゲンを分解する酵素「コラゲナーゼ」が活性化してコラーゲンが分解されてしまうのです。外部刺激は、フリーラジカルを大量発生させ・コラーゲンを分解する酵素「コラゲナーゼ」が活性化・ヒアルロン酸を分解する酵素「ヒアルロニダーゼ」の活性化・エラスチンを分解する酵素「エラスターゼ」の活性化・メラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の活性化が同時進行的に起こります。そうなれば、シミ・シワ・タルミ・乾燥・アレルギー・・とありとあらゆる皮膚トラブルに帰結します。これらを抑制するには、「強力な抗酸化成分」を併用するか、「バリア機能を強化するセラミド」を併用するしかありません。そのような着眼点で見れば、「バリア機能」はとても重要な生体防御機能であり、それを司るセラミドはとても重要なファクターなのはお解りになるでしょう。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドのバリア機能修復とラメラ層形成のメカニズム。アトピーなどはバリア機能が壊滅状態の超乾燥肌です。一切の検問や検閲もなく素通りできる関所のようなものです。まずは、この関所機能の再生から着手するのは極めてロジカルな対応と言えるでしょう。ここで今更ですが、バリア機能を簡単に図解しておきます。セラミドが細胞間で形成する「ラメラ層」は右図の様な構造です。「水分をサンドイッチのように挟み込む」というのが良くわかると思います。また、バリア機能は「皮脂膜+細胞間皮質+NMF」の3つのファクターが機能して完成型となります。そのことからも当ショップの・NMFコンプレックス・PCAソーダ・乳酸ナトリウム・尿素などのNMF(天然保湿因子)をセラミドと合わせて使うのがロジカルで効果的です。その上で、植物オイルなどで皮脂膜を形成し蓋をすれば完璧です。アトピーや超乾燥肌・敏感肌の方は、このバリア機能が壊滅状態になっています。これらの素材を使いながら、擬似的にでも「皮脂膜+細胞間皮質+NMF」のバリア構造を作っていくことは正しいケアだと思います。その方法で多くの方が改善しているのも事実です。肌老化・アレルギーなど様々なトラブルは、すべて「乾燥」から始まります。バリア機能の強化・再生は、スキンケアの第一歩と言えると思います。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドの臨床データ。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドの素材データ。

・当ショップで知り得るデータを全て開示しております。
・有効成分は、さまざまな特性を有しています。
 それは、私達に都合の良い特性ばかりではありません。
 その特性を良く理解し、誤解のない使用法・保存法をお願いいたします。

【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドの特性と保存法。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドのテクニカルデータシート。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドのプロダクトデータシート。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドの使用上の注意。パッケージング。
【手作りコスメSysoap☆】のセラミド,ラクトセラミドの物理的・化学的分析データ。安全性と品質の高さを数値で表しています。

ページトップへ